ピアノの鍵盤がはがれた原因は接着剤

こんにちは。

市川市大野町のピアノ教室「なかのミュージックスクール」のブログへ、ご訪問ありがとうございます。

今日は、ピアノの鍵盤が剥がれた!のお話しです。

鍵盤の白い板が剝がれた原因は、接着剤

ピアノの鍵盤は、木で作られており、表面は接着剤で白い板が貼られています。
ある一定期間に使われていた接着剤が原因で、その白い鍵盤が剥がれる現象が増えているそうです。
リコールとして、鍵盤すべてを工場に運び、張り替えをしてくれるそうですが、今のところ1か所だけだったので、調律師さんに付けていただきました。

今後も、取れてくるかもしれないそうなので、そうなったら、鍵盤ごと総取り替えをお願いしたほうがいいのかもしれません。

1個の鍵盤が弾けない時は、高い音や低い音でアレンジしながら弾いてみよう

今回は、レッスン中に剥がれてしまいました!
生徒さんが弾いている時に「あれ?ずれた?え?取れてるーーー!!」とびっくり。
まずは、生徒さんの指にケガがなかったので、一安心。

ですが、まだレッスンは続き、、
次の生徒さんの曲では、楽譜通りに弾くと、剥がれた鍵盤を弾くことになってしまうので、2オクターブ低く弾いたり、高く弾いたり。
そんなアドリブにも、すぐ対応してくれて、このアクシデントも楽しみながら弾いてくれました。

ピアノ

さいごに。。

「剥がれた鍵盤を見るのは貴重だね!」と、楽しんでくれたけれど、ちゃんとした音で弾けなくて、ごめんね。

レッスン後、すぐに修理依頼の電話をし、明日のレッスンには間に合いそうです。

市川大野ピアノ教室でピアノを弾いている手とお花と楽譜

🌻体験レッスン受付中 🌻

暑い夏には、お家で練習ができるピアノをスタートしませんか?
こちらよりお気軽にお問い合わせください。