いつでも弾ける曲を増やそう♪

いつでもピアノで弾けるプレイリストのプリント

こんにちは
市川市ピアノ教室なかのミュージックスクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、「いつでも弾ける曲を増やそう」についてのお話しです。

いつでも弾ける曲を増やしていこう!

「ピアノ習ってるの?何か弾いて!」

と、ピアノを習っていると、言われることがあります。

私も以前「う~ん、楽譜があれば弾けるけど、今持っていないから弾けないな。。」

という苦い経験があります。

そんな時に、さらっと弾ける曲があるとかっこいいですね。

難しい曲じゃなくてもOK!

いつでも、どこでも弾ける曲を増やしていきましょう。

そうすると、学校の教室のオルガンで弾いたときに、お友達に「すごいね」と言ってもらえて、ちょっとうれしくなったり、

お家の練習で「あー難しい。弾けない!」となった時に、ちょっと弾くと息抜きになったり。

良いことがたくさんあります。

学校でピアノを弾いて人気者になっちゃおう

今は、レッスン室だけでなく、いろいろな場所でピアノを楽しむことができます。

学校の教室のオルガンや、ストリートピアノなど。

幼稚園では、お手本としてみんなの前で弾いてうれしかった!という生徒さんもいらっしゃいました。

そんな時、お友達やご家族から

「すごいね、上手だね!」

と、声をかけていただけたら、とてもうれしくて、

子どもたちのモチベーションが上がります。

こういう、ちょっとした体験の積み重ねが、ピアノの実力の積み重ねになります。

電子ピアノを弾いている子どもの手

テキストで終わった曲も弾いていこう

たくさん練習をして、◎合格!をもらったけれど、数週間後に弾こうとすると

「あれ?弾けなくなっている」

ということが、よくあります。

発表会のために数か月練習した曲でも、弾かないとすぐに忘れてしまいます。

でも、それはもったいない。

レッスンで合格したら終わりではなくて、その中で好きな曲があれば、レパートリーにしていきましょう。

お家で新しい曲を練習しているときに「できないー」とイライラした時の気分転換になります。

レパートリー曲を「見える化」していこう

いつでもピアノで弾けるプレイリストのプリント

「あの曲弾けるかも!?」

と思っているだけではなく、今弾ける曲を書き出していきました。

「いつでも弾けるマイプレイリスト」

プリントで可視化をすることで「こんなに弾ける曲があるんだ」という自信になりますし、まだレパートリーがない生徒さんも、1曲書くことで「増えた」という自信に繋がります。

実際に書いてみると、10曲以上あって、書ききれない生徒さんもいて、こんなに弾ける曲があるんだね!と私も驚いてしまうことがありました。

1年後には、何曲になっているか楽しみです。

さいごに。。

ピアノは、鍵盤があれば弾ける楽器です。

鍵盤ハーモニカ、オルガン、エレクトーンやキーボードや、木琴や鉄琴も演奏できます。

レパートリーを増やして、いろいろな楽器で楽しんでいきましょう♪

市川大野ピアノ教室でピアノを弾いている手とお花と楽譜

🌻体験レッスン受付中 🌻

暑い夏には、お家で練習ができるピアノをスタートしませんか?
こちらよりお気軽にお問い合わせください。