【体験レッスン|3才編】リトミック要素を中心に♪

こんにちは。

市川市のピアノ教室なかのミュージックスクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、プレピアノコースのピアノ体験レッスンについてのお話しです。

体験レッスンは

どんなことをやるんだろう?
どんなお部屋なんだろう?
どんな先生だろう?

と、不安や心配な気持ちになることがあるかもしれません。

その気持ちを少しでも解消していただけるよう、今回は体験レッスンの内容をご紹介いたします。

まず、プレピアノコースとは?

プレピアノコースは、3才~4才(年少)を対象に、月2回、お好きな時間に通うことができるコースです。

内容は、本格的にピアノを弾き始める前の音感を養うレッスンになります。

3才のお子様が、ドレミの楽譜を覚えることや、大人と同じ大きさのピアノを弾くのは物理的に難しいです。

それとは逆に、3才の時に吸収できるのが「リズム感」や「感覚」といった、音楽を演奏する上で大切な「音感」の要素です。

そのため、3才のプレピアノコースでは、ピアノ演奏ではなく、リトミック要素を取り入れたレッスンがメインになります。

その後、お子様の成長に合わせて、ピアノ演奏へとシフトしていきます。→詳しい内容や料金はこちら

体験レッスンの内容

体験レッスンは、通常レッスンで行っている内容のショートバージョンになります。

  • 手の形をとって指番号を覚えよう
  • タンバリンを使ってリズムで遊ぼう
  • ピアノを弾いてみよう
  • 音符を書いてみよう
2つのタンバリンと手
5線ノートに音符のドを書いてある

突然、ピアノの前に座ると、緊張してしまう事が多いので

「はじめに、手の形を書いてもいい?」

の言葉からスタートします。

そうすると「え?」という表情になり、ちょっとリラックスしてくれます。

その後も、たくさん詰め込みすぎず「できる事から、少し先の事ができるように」を目安にしています。

例えば、指番号の12345を覚えたら、その番号を使い、指を早く動かしたり、ゆーっくり動かしたり。

お家に帰ってからも、なんとなくやってみようかなと思っていただけるような体験レッスンになっています。

保護者の方とのお話し

最後に、保護者の方とお話ができる時間を設けています。

ピアノの購入は?
今、空いている時間は?
お家での練習時間は?

など、なんでもご相談ください。

さいごに。。

体験レッスンを通して、私が一番大切にしている事は「あ、できた!」と子どもたちに感じてもらえることです。

指を番号どおりに動かせることができたら、

「パパ、ママ、できるようになったよ!見て、見て~」

と、お家に帰ってから、ご家族で楽しんで頂きたい、そんな少し先の未来を想像しています。

市川大野ピアノ教室でピアノを弾いている手とお花と楽譜

🌻体験レッスン受付中 🌻

暑い夏には、お家で練習ができるピアノをスタートしませんか?
こちらよりお気軽にお問い合わせください。