続くかどうか、ではなく、続けるためのピアノを選ぼう

こんにちは。

市川大野のピアノ教室「なかのミュージックスクール」のブログへご訪問頂きありがとうございます。

今日は「ピアノ選びのお話しです。

お家のピアノは、何がいいのか。。。

結論から言うと「アップライトピアノ」です。

レッスン室にあるピアノですね。

なんといっても、弾いていて一番楽しくて、一番早く上達できるピアノです。

もし、アップライトのピアノの設置が難しい場合はどれがいいかな??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピアノは大きく分けて「電気を使うか、使わないか」の2種類に分かれます。

【電気を使わない ピアノ】

 ①アコースティックピアノ

  ➡グランドピアノ(発表会で弾く大きいピアノ)

  ➡アップライト(レッスン室のピアノ)

【電気を使うピアノ】

  ②電子ピアノ

  ➡鍵盤数88鍵、ペダルとイス・譜面台付き

     ③キーボード

  ➡鍵盤数61鍵、ペダル・イス・譜面台なし

の、2種類があります。
今、一番人気は、②電子ピアノです。

電子ピアノ

ヘッドフォンが使えるので、夜でも練習ができ、ご家庭での練習に便利です。

≪メリット≫

いろいろな音色が内蔵されているので、サックスやトランペットの音で弾いてみたり、リズムと一緒に弾いたり、録音もできたりと、楽しく練習できます。できますが、、

※オンラインレッスンで気づいたのですが、それらの機能を使っていない生徒さんがたくさんいました。

もったいない~、怖がらずに、いろいろボタンを押して、遊びながら弾いてみて下さいね。

≪デメリット≫

アップライトピアノと大きく違うのは、鍵盤です。

アップライトは、鍵盤を弾く指の強さで、音の強弱を調節しますが、電子ピアノでは、その練習ができません。

そのため、指先で強弱がつけられず、表現力がない、芯のない音になってしまう場合が多いです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、気をつけて頂きたいのが、次です。

キーボード

電子ピアノと似ていますが、全く別物です。

≪メリット≫

安く購入ができ、持ち運びができる

≪デメリット≫

・鍵盤数が17も少なく、軽い

・ペダル、イス、譜面台がない

持ち運びはできますが、習い事として練習する場合には向いていません。

そして、みんなが好きなペダルがないのは、悲しい。。

ペダルの練習を早く始めるほど、足の動きが自然にできるようになります。

指と同じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・

①②③は、見た目は、同じ鍵盤の楽器ですが、中身は全く違います。

【まとめ】

ピアノ上達のためには、アップライトのピアノがベストです。
ご自宅の環境により難しい場合には、電子ピアノが良いでしょう。

ピアノ選びは、

「続くかどうかわからなので、とりあえず安い物を」ではなく、

「長く続けるためのピアノを」

選んであげてください。

お家とお教室のピアノで、一緒にお子様をサポートしていきましょう。

市川大野ピアノ教室でピアノを弾いている手とお花と楽譜

🌻体験レッスン受付中 🌻

暑い夏には、お家で練習ができるピアノをスタートしませんか?
こちらよりお気軽にお問い合わせください。